《お役立ち情報》自治体が管理をする霊園の公営墓地

都心の便利なエリアに位置している公営墓地は大変人気が高く、何年経過しても入手することの出来ない人が大勢いるのが現状となります。
募集時期や応募資格、そして応募方法等に関しましては、各自治体の霊園課などにお問い合わせしましょう。公営墓地は自治体によって募集方法は少々異なっていますが、新聞などで年1回公募されることで抽選で入手者が決定されます。
募集対象とされるのは、まだ一度も埋葬されたことのない遺骨のある人となっており、その自治体に本籍や現住所のある人限定となります。各都道府県や市町村などといった自治体が管理や運営をしているのが公営墓地となります。
お墓を建てるには、そのお墓を使用する権利を取得する永代使用料が必要となってきますが、公営墓地の場合、民営の墓地と比較をして、永代使用料や年間管理費が安くなっているのが特徴です。 霊園の種類は、自治体管理や民営があり、どちらの霊園を選ぶかは貴方は次第ですが、どちらにも欠点はあります。
価格の面や管理状況などの面を考えて霊園選びをするようにしましょう。

藤丸敏おすすめ
http://parts.election2014.newsmart.jp/gray/koho_detail_402012015.html
藤丸敏



《お役立ち情報》自治体が管理をする霊園の公営墓地ブログ:2018/09/22

皆さんはどのような買い物をしていますか?

僕は買い物の仕方に、
ダイエット成功のための
コツが隠されているような気がするんです。

皆さんは、買い物するとき
「いちいち買い物に時間をとられるのはイヤ」と、
買いだめをしていませんか?

でも買いだめというのは、
ダイエットにとっては、
決してほめられるやり方とは言えないと思います。

というのも、
買いだめをするということは、食料品の量が多くなります。
すると、食べる事の量も増えてしまいがちです。
これは、ダイエット的には
足を引っ張ってしまうことになりますよね。

ですから、
買い物する回数を増やして、
買う量を少なくしてみてはどうでしょう?
すると、食料品の絶対量が減りますから
食べる事の量も自然と少なくなるんじゃないでしょうか?

買い物する時って、
スーパーの中をうろうろしませんか?
「あれを買ってなかった」とか
「あれも買ったほうがいいかなぁ?」とか
店内を行ったりきたりしますよね。

これって、意外と体操になるんですよね。
ある意味立派なウォーキングといえます。

また買い物するタイミングも重要です。
できることなら、食べる事をした後に行くといいでしょう。

食べる事をした後は、お腹がいっぱいです。
お腹がいっぱいの時には
なかなか食べ物を見たいとは思わないでしょう。

ですから必要最小限のものしか購入しなくなります。
特にお菓子みたいなものには、興味がなくなってくるでしょう。

お菓子は、どんなに「やせる」という意思があっても、
目の前にあれば、どうしても手が伸びてしまうものです。
ところがどんなに手を伸ばしてもなければ、あきらめもつきますよね。