《お役立ち情報》自治体が管理をする霊園の公営墓地

都心の便利なエリアに位置している公営墓地は大変人気が高く、何年経過しても入手することの出来ない人が大勢いるのが現状となります。
募集時期や応募資格、そして応募方法等に関しましては、各自治体の霊園課などにお問い合わせしましょう。公営墓地は自治体によって募集方法は少々異なっていますが、新聞などで年1回公募されることで抽選で入手者が決定されます。
募集対象とされるのは、まだ一度も埋葬されたことのない遺骨のある人となっており、その自治体に本籍や現住所のある人限定となります。各都道府県や市町村などといった自治体が管理や運営をしているのが公営墓地となります。
お墓を建てるには、そのお墓を使用する権利を取得する永代使用料が必要となってきますが、公営墓地の場合、民営の墓地と比較をして、永代使用料や年間管理費が安くなっているのが特徴です。 霊園の種類は、自治体管理や民営があり、どちらの霊園を選ぶかは貴方は次第ですが、どちらにも欠点はあります。
価格の面や管理状況などの面を考えて霊園選びをするようにしましょう。

藤丸敏おすすめ
http://parts.election2014.newsmart.jp/gray/koho_detail_402012015.html
藤丸敏



《お役立ち情報》自治体が管理をする霊園の公営墓地ブログ:2019/01/22

おいらは、午前中起きたら、
肉体をシャキッと目覚めさせるために、
起きたら真っ先にカーテンを開けるようにしています。

そして窓を開けて、深呼吸し、午前中の空気を吸いこむのです。
曇りのちはれの日でも曇りのちはれの日でも。
そうして、午前中が来たことを体に知らせてあげるのです。

次にを柔軟運動して肉体を暖めます。
午前中に柔軟運動を行なうと、体温が上がり、
その日24時間の代謝量全体がアップするそうですよ!

そして少しの時間であっても、
散歩に出て午前中の空気を満喫するようにしています。

天気が良ければ、爽やかな朝の空気を感じ、
雨の日にも、雨の音と空気を感じれば、
肉体が「ああ、午前中が来たんだ!」と感じ、
エネルギーを消費するための交感神経も目覚めます。

それから帰ってきて、
シャワーを浴びたり、顔を洗って、
シャキッと肉体の外側も引き締めます。
心を引き締めると自然と肉体も引き締まります。

そして午前中食を摂ります。
午前中食は、内臓を活発に動かすために必ず必要です。

ちなみに、
内臓は基礎代謝の中でも38%を占め、
筋肉の22%よりも大きい比率を占めているそうです。

だから、柔軟運動して筋肉の基礎代謝を増やすよりも、
内臓を活発に動かして基礎代謝を高める方が効果的なんですね。

内臓の基礎代謝を高めるのには、
午前中食は必須とも言えるくらい重要なものなんです!

午前中食をとって内臓を動かすことにより、
内臓も「あぁ、午前中が来たんだ!」と分かり、
そこから働きだしてくれます。

これがもし午前中食をとらなければ、
内臓はいつまでも眠ったままで、
12時食をとるまで活発に動き出してくれませんよ。