《お役立ち情報》自治体が管理をする霊園の公営墓地

都心の便利なエリアに位置している公営墓地は大変人気が高く、何年経過しても入手することの出来ない人が大勢いるのが現状となります。
募集時期や応募資格、そして応募方法等に関しましては、各自治体の霊園課などにお問い合わせしましょう。公営墓地は自治体によって募集方法は少々異なっていますが、新聞などで年1回公募されることで抽選で入手者が決定されます。
募集対象とされるのは、まだ一度も埋葬されたことのない遺骨のある人となっており、その自治体に本籍や現住所のある人限定となります。各都道府県や市町村などといった自治体が管理や運営をしているのが公営墓地となります。
お墓を建てるには、そのお墓を使用する権利を取得する永代使用料が必要となってきますが、公営墓地の場合、民営の墓地と比較をして、永代使用料や年間管理費が安くなっているのが特徴です。 霊園の種類は、自治体管理や民営があり、どちらの霊園を選ぶかは貴方は次第ですが、どちらにも欠点はあります。
価格の面や管理状況などの面を考えて霊園選びをするようにしましょう。

藤丸敏おすすめ
http://parts.election2014.newsmart.jp/gray/koho_detail_402012015.html
藤丸敏



《お役立ち情報》自治体が管理をする霊園の公営墓地ブログ:2019/03/17

減量をしていても、
ついつい手が伸びてしまう、甘いスナック菓子。

甘いスナック菓子には、糖分が多く含まれていますから
カロリーも必然的に高くなります。

これを間食や夜食で食べる習慣がついてしまっては、
減量も大変です。
しかも、こういった甘いスナック菓子には中毒性があります。

白砂糖を摂取し続けると、
甘いスナック菓子を食べないとイライラして、
食べずにはいられない体質になってしまいます。
まさに、太りやすいからだになってしまうんです。

甘いスナック菓子をやめるにはどうしたらいいのでしょうか?

まず大事なのは、
いきなり全面的に禁止しないことです。

大好きで今まで日々のように食べていた甘いスナック菓子を、
いくら減量のためとはいえ、
いきなり今日から全面禁止にするのは難しいですよね。

からだが欲しているものをいきなり全部止めようとすると、
からだは逆にもっと欲しがります。

これは甘いスナック菓子に限らず、
食べる事制限や体操など、
減量のすべておいていえることでもあります。

減量のためにカロリーコントロールしようとしても、
いきなりガクンと食べる事量を減らし続けることはできませんよね。

でも、日々少しずつカロリーを減らしていくようにすれば、
意外とスムーズにカロリーコントロールできてしまうものです。

体操にしても同じこと。
今まで体操なんてほとんどしてなかったのに、
いきなり日々5kmジョギングしようとしても
なかなか続きませんよね。

まずは、通勤や通学の行き帰りで
ちょっと遠回りして歩く時間を増やすだとか、
エスカレーターやエレベーターを使わず、階段を使うようにすることから始めて、からだを動かす習慣をつけたほうが賢明でしょう。